商社事業

エストニアと日本は、お互いにまだまだ知らないことばかり。Next innovationは、両国における広大なネットワークを活かすことで、ビジネスの市場範囲を拡大します。 日系企業がエストニアに拠点を置く際の機会を提供するのも、我々の仕事です。

Why we do

日本とエストニアを繋げることを考えた時、私たちは人々が大切にするものに目を向けました。

一つは長い年月をかけて積み重ねられてきた国の歴史、そして文化です。これを通して人々はその国の人間としてのアイデンティティを感じます。

そしてもう一つは生活や自然などといった環境です。それは人間に最も影響を与える存在であり、”生きる”ために必要不可欠な要素です。これらの歴史、文化、そして環境を、モノや食品という形として伝えていくために、Next innovationでは商社事業に取り組んでいます。

What we do

エストニアから日本へのブランド展開、またエストニアをハブとして日本からヨーロッパ市場への進出支援を行います。

例として2つのブランドをご紹介致します。

Salvest

エストニア最大手のオーガニック食品加工会社Salvest(サルベスト)のパートナーとして、日本への展開を進めております。

1946年、サルベストは、最も大きな国営企業の1つとして設立されました。1992年に民営化されて以降は、エストニアだけでなく隣国のフィンランド、ラトビア、リトアニア、ロシア、ポーランドなどの世界15カ国で愛されています。

現在は、スープ、ランチラディッシュ、サラダなどのメイン料理から、ケチャップ、ソース、マヨネーズなどの調味料、さらにはベビーフードやスムージーまで、全12種類の製品カテゴリーの中に約200種類の加工食品を扱っており、特に、最も売上の高いベビーフードはフィンランドとエストニアにおいてマーケットシェアNo.1 を獲得しております。

扱っているベビーフードのほとんどはEU(欧州連合)の有機農業規則に従って生産された農産物であることを証明するEU/オーガニック認証マークや、オーガニック食品として、エストニア国内のオーガニック食品規格Ecological Estonia (ÖKO)を取得しており、業界最大手の品質を誇ります。

エストニア国内の食料品店でその名前を見ない日はありません。

弊社の商社事業部では、Salvest(サルベスト)の販売する全ての海外輸出用商品を取り合っており、サルベストが食品を通して社会に贈りたい価値を、エストニアから日本へ伝えたい想いを、皆様へお届け致します。

Chocokoo

私たちが大好きなチョコレートが、カカオ豆からバーになるまで、どこからきて、どこで作られているかご存知ですか?

Chocokoo(ショココー)は、エストニア初のBean to Barチョコレートブランドです。

創業者 Kristel Lankots(クリステル・ランコッツ)氏は元々は別の業界で働いていましたが、自分の第二の人生を歩むためにショコラティエになる道を選び、2015年にChocokooを創業しました。

コスタリカ、エルサルバドル、フィリピン、ベドナム、インドネシア、ハイチ、ホンジュラス…

信頼できるカカオ農家とのフェアトレードを通して直接仕入れた豆を、エストニアの工房に運んで、一枚一枚を丁寧に手作りします。

彼女のチョコレートへの愛がこもったBean to Barチョコレートバーを、私たちは日本に届けます。

How we do

商社”と聞いて真っ先に浮かぶのは、貿易をはじめ、モノ・情報・サービスなどのやり取りと感じてしまうかと思います。

しかし、モノや情報・サービスは人が創り動かしています。その創りだす”人”にファンはついていき、共鳴共感するのです。

私たちは、人が生み出す表には見えない”ストーリー”を伝えることで、心から好きな”想い”を届け、人と人を繋ぎます。

Ippei Yoshikawa - Head of Trading Dpt.

“私たち Next innovation 商社事業部では、日本とエストニアの貿易額シェアでトップになること、日本とエストニアの貿易額全体を拡大していくことを目標にしています。

そして、貿易を通して、エストニアの文化を理解すると同時に、日本の文化をより深く理解すること、それらの機会をより多くの人に提供できるように進んでいきます。“

For more details..

弊社では日々、商社事業を通して新しい可能性に挑戦しています。そのため、ホームページを更新する頻度が追いつかず、もっとワクワクする、新しいプロジェクトがお見せできていないことがよくあるのです。

もし気になることや、もっと知りたいことがある方は、いつでもお気軽にお問い合わせください。メンバー一同、ご連絡を楽しみにお待ちしております。

プロジェクトはこちら
お問い合わせはこちら